姫路市山田町のリノベーション

 

住み慣れたマイホームに

あと三十年暮らすという選択

築38年、世間では建て替えを検討するような住宅ですが、間取りを配置しなおしリノベーションをおこないました。
資金的な事、施主の年齢的な事、二世帯住宅で面積が必要であった事などに加え「愛着」を考慮した結果リノベーションという方法を選択しました。

<外観>

屋根の葺き替えと外壁を焼き杉にした事で外観イメージを一新しました。

h02402

yajirusi_gra1_blue

h02402

 

<玄関>

玄関には和室に使われていた書院の欄間と障子を使い和の雰囲気を演出しています。
靴脱ぎ石も以前玄関先に使われていたものを再利用しています。

h02412

yajirusi_gra1_blue

h02412

 

<和室→LDK>

田舎の住宅にありがちな二間続きの和室をLDKへと間取りを変更。縁側だった場所は土間になり薪ストーブを設置しています。
LDKという家族が集う場所を一番いいところに配置しなおしました。

h02424

yajirusi_gra1_blue

h02424

 

<2階廊下>

 2階には吹き抜けを見下ろすように広々とした廊下が出来上がりました。
2階は1階の和の空間からイメージを変え少しモダンなテイストで仕上がっています。

h02436

yajirusi_gra1_blue

h02436

 

見学希望の方はこちら↓↓

お問い合わせフォーム

Copyright (C) 2016㈱ハウスインフォ All Rights Reserved.